Namaste.

新型コロナウイルス感染防止のため、ヨガのおうちティケティケも5月末までのクローズが決定しました。

状況によってもう少し伸びるかもしれません。

その代わりと言ってはなんですが

無料オンライクラスを開催することにしました。

よければご参加くださいね。

詳細はティのホームページをご覧くださいね

↓こちら

ティケティケ

 

News!


オンラインヨガクラスやりまっす!

おうちで気軽にご参加くださいませませ〜
1000円で受けられます。
シバナンダヨガ
インドの伝統的なポーズとリラクゼーションを交互に繰り返すことによって最後には心地よいリラックスへと導いていきます。
身体の微細な感覚や呼吸に意識を向けていく瞑想のようなヨガです。

5月16日土曜日 10:00〜12:00

 

ご予約はこちら↓

オンラインヨガクラス


緊急事態宣言に思うこと。

 

世界が今、先の見えない”恐れ”に包まれています。

ヨーガには

「ありのままに起こっていることを観る」

という教えがあります。

起こっている現象を冷静に、色付けすることなく観る。という意味なのですが

それはどういうことかというと、

たとえば人はみなそれぞれ、その人なりのメガネをかけて世界を観ています。

それは黄色かったり、黒かったり、度が入っていたり、それぞれ違ったメガネをかけて観ています。

そのメガネで観た世界からものごとを判断します。

同じリンゴを見ても

ある人には黒っぽいリンゴ、黄色っぽいリンゴ、それは人の数だけ見え方が違う。

でも、そこにあるリンゴはただの赤いリンゴ。

それぞれ癖のあるメガネで見るので同じものを見ていてもぜーんぶ違う。

ありのままにそのまんま観る

ということは”あ、私のメガネちょっと黄色かったかも?”って気づくこと。

今回の新型コロナウィルスのこともおんなじで

必要以上に恐れず、必要以上に軽視せず。

出来るだけ起こっていることをそのまんまみて、今自分にできることは何かな?と考えて行動することじゃないかなーと思うのです。

そして外側の世界でどんなことが起こっていても、内側に静寂を保つこと。

 

「どんな出来事も良い方向に向かっている」

 

このヨーガの師に教わった言葉がもしかしたら今、役に立つのかもしれません。

心が沈みがちな今の世の中ですがそんな沈んだ気持ちも、不安や恐れに苛まれる気持ちも

無理に取り除こうとせずに、ぜーんぶ体験して、味わって、こんな気持ちなんだな、今わたしは。

そんなふうに観察してみてください。

そうしていくうちに全ては変化していく、ということに気づくかもしれません。

 

最後にスワミジ(インドのお坊さん)の言葉を贈ります。

「私たちの本質である愛とは思いやりである」

混乱のなかにあればあるほどこのことが表面化する、と信じてます。

 

また、みなさんとともにヨガができる日を心待ちにしてます!